2016年 10月 の投稿一覧

不動産購入の申し込みをキャンセルしたら申込金は返してもらうことができるのか?

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

ある晴れた、土曜日。

チラシに載っていた建売住宅を見に行くことにした、佐藤(仮名)さん家族。

佐藤さんが現地に着くと、親切そうな担当者が建物を案内してくれました。

室内に入ると、思っていた以上になかは広く、明るくてオシャレな作りです。

「これでこの金額なら、高くないかもしれないな・・・」

佐藤さんがそんな風に考えていると、案内してくれた担当者がこう言いました。

この物件は人気があるので、すぐに売れてしまうかもしれません。もし気に入っていただけたのでしたら、申込書にサインと5万円の申込金をお支払いいただければ、この物件を仮押さえすることができますがどうされますか?


少し迷ったものの思い切って購入することを決めた、佐藤さん。その場で購入申込書にサインをして、次の日、申込金を支払いました。

それでは5万円、確かにお預かりします。これで社内的な手続きを進めさせていただきますので。契約書への調印は来週の日曜日ということで、またよろしくお願い致します。

「はい、よろしくお願いします」

(うわー、買っちゃったよ。でもこれで俺も、一国一城の主か・・・)

月曜日。

出勤した佐藤さんを待っていたのは、県外支店への転勤の知らせでした。

(来月には引っ越さないといけないな・・・そういえば、家どうしよう・・・今からキャンセルできるかな?・・・キャンセルできなかったらどうしよう・・・5万円もどってこないんだろうか・・・)

佐藤さんは家に帰ると、手元にあった申込書の写しを見返してみました。

サインしたときは気がつきませんでしたが、良く見ると小さな文字で次のように書いてあります。

申込金はいかなる理由があってもお返しすることはできません。購入者の都合によるキャンセルは損害賠償請求の対象となります

さてここで、クイズです。

この場合、佐藤さんは申し込みをキャンセルすることは出来るでしょうか?

申込金が返ってくるかどうかも含めて、考えてみてください。

続きを読む

契約解除できないケース

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

以前このブログで不動産売買契約の「契約解除(手付解除)」について書きました。(参考記事→5万円で不動産契約できますか?

記事の内容をざっくりとまとめると、、、

・買主は、契約時に支払った手付金を放棄する

・売主は、受け取った手付金の倍額を買主に支払う

ことにより、売買契約をやめることが出来るという話でした。

実際の取引では、売買契約書や重要事項説明に解除の条件を記載して契約を結びます。

具体例としては、以下のような文言を契約書に盛り込みます。

1.売主は、買主に受領済みの手付金の倍額を支払い、また、買主は、売主に支払い済みの手付金を放棄して、それぞれこの契約を解除することができる。

2.前項による解除は、相手方がこの契約の履行に着手したとき以降は、できないものとする。 (不動産売買の手引 参照)

これを見ると「契約の履行」という言葉が気になりませんか?

相手方が契約の履行に着手したら契約解除できないわけですから、契約の履行に着手って何?と思いますよね。

「契約の履行に着手する」とは、どのような状態を指しているのでしょう?

続きを読む

建築の知識はいらない!家づくりで失敗しない方法

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

はじめての家作り、どこから手を付けたら良いのか分かりませんよね。

だまされて欠陥住宅を建てられた人の話などをテレビなんかで聞いたりすると、「私の家は大丈夫なんだろうか」と不安になったりもするでしょう。

そこで、とりあえず近くの展示場を見学したり、インターネットで調べたり、住宅会社の担当者に聞いたりして、少しずつ勉強をしていくのが一般的な進め方です。

でも、いろんな知識や情報をいくら集めても、自分の家づくりがうまくいくかどうかは、住宅建築を任せる相手次第です。

いくら情報を集めても、住宅会社の担当者以上の知識を得ようとすることは無理な話だからです。

では、どうすれば良いのでしょうか?

騙されないためのポイントは、知識や情報を集めることではない、ということです。

続きを読む

わが子の成長にビックリ!!

こんにちは!

大学生の頃、自分の字が汚すぎるという理由で国語教師になることを断念した、小口秀喜(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ


10月といえば、、、

もうすっかり秋。

秋は、スポーツの秋。芸術の秋。

でも私はやっぱり、食欲の秋ですけど(^o^)

食べ物がおいしい時期ですが、食べすぎには気をつけてくださいね。

わが子の成長にビックリ!!

9月のある日の朝。

娘を幼稚園に送り届けた時の話です。

いつものように園の中まで一緒に行こうとしたら、幼稚園の門まで行った所で、娘が

娘「ここから、ひとりで行けるよ」

私「大丈夫?」娘「うん、大丈夫だよ」

娘「じゃあね。バイバイ。タッチ!」

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-04-8-48-17

私の手にタッチすると、ひとりでスタスタとなかに入っていきました。

昨日までは手をつないで一緒に行っていたのに・・・。

子どもって、親が気づかないうちにドンドン成長していくんですね。

これからもパパをたくさんビックリさせてね!!