公開記事

営業マンが住宅ローンの審査を強く勧めてくる2つの理由

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

数日前の会話

彼:他の物件も見に行ったことがあるんですけど、担当の人が… 何と言うか…

私:ゴリゴリ来るタイプ?

彼:そうなんです。住宅ローンもグイグイ勧めてくるんですが、かなりキツめで…

私:返済額が?

彼:ええ、素人の私でも、ちょっと無茶だなと思う返済額でした

私:なるほど

彼:なのに「とりあえずこれで仮審査申込してみましょう!」って…

私:それはお気の毒でしたね。でもそういう事は多いと思いますよ
  というか、こんな風にゆるい案内してるの、当社くらいですから(^_^;)

彼:何であんなに住宅ローンの審査を進めようとして来るんですかね?

私:それはですね、、、

続きを読む

収納が足りない?そんなときはコレ↓

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

もしあなたが、、、

  • いま現在、収納が足りなくて困っている
  • 新築を考えているけど、収納が足りるか心配

こんな状況なら、今回の記事はきっと役に立つでしょう。

今どきの収納って、賃貸でも、新築してからも、カンタンに増やせるんです!

続きを読む

山形県民の夢 №1は“家族の幸せ”より“マイホーム”?

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

「日本ドリーム白書2018」が発表されました。

「日本ドリーム白書2018」とは、全国の20代以上の男女14,100人を対象に「夢」に関する大規模調査の結果をまとめたもの。

この調査結果を見ると、いまの日本人が持っている夢の傾向が分かります。

特に私が興味を持ったのは、都道府県別のアンケート結果。

全国的にみて、山形県民は夢を持っている人が多いようですね。

夢を持つ人が多い山形県

日本ドリーム白書2018より

夢持ち率ランキングで山形県は全国8位。

東北で唯一、トップ10入りしてます。みんな夢を持って暮らしてるみたい。

で、どんな夢を持っているかというと、「家族の幸せ」より「一戸建てに住みたい」という人が多いという結果に、、、

続きを読む

スーモ「仲介手数料」表示NGなので、コレやってみた

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

大手不動産ポータルサイト
リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)スーモ。

当社も参画させてもらっています。

ユーザー目線で見やすいデザイン。情報量も多く掲載できるので役に立っています。

ただ1つの点をのぞいては、、、

そう、仲介手数料の説明ができないこと。

(詳しい話はこちら→「仲介手数料は無料」ってスーモに掲載できない理由

せっかく仲介手数料0円で紹介できる物件があるのに、アピールできないのはもったいないなぁ、と思っていました。

私は、マイホーム購入で悩んでる人の役に立つことと、面白いことなら、何でもやってしまいます…

ようするに、仲介手数料って書かなければ、いいわけでしょ…



ひらめいちゃった!

「良いこと考えた!」

そんなわけで、さっそくやってみました↓

続きを読む

私、嘘をつけない不動産屋なんです

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

“不動産業界”と聞いた時、あなたはどんなイメージがわきますか?

“不動産会社のトップ営業マン”と言ったら、、、

口から出まかせばかりで、顧客をだまして、あざむいて、売って売って営業成績を上げる、、、

もしかしたら、そんな風に思っていませんか?

そんなあなたに面白い話を教えます。

嘘がつけない本当に正直な不動産営業マンの話です・・・

続きを読む

直近3年以内に300万円以上のリフォームをした826人のアンケート結果発表

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

(株)リクルート住まいカンパニーが、直近3年以内に300万円以上のリフォームをした826人に行った、アンケート調査の結果を発表しました。
(出典:2017年 大型リフォーム実施者調査 株式会社リクルート住まいカンパニー

これを見ると、リフォームにかけた費用の平均値や、リフォームしたきっかけやタイミングなどの実際のところが分かります。

ただ残念ながら、アンケートの対象地域が「首都圏・東海圏・関西圏」ということで、山形の実状が反映されていない点(費用面など)も多くみられます。

アンケート調査あるある、ですけど(^_^;)

でもそんな中で、私が面白いと感じたのは『中古住宅を買ってリフォーム』に対する年代による意識の違いです。

こちらの図を見てください↓

続きを読む

「仲介手数料は無料」ってスーモに掲載できない理由

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

今日、現場でインスペクションの立会いをしてたら、スーモの担当さんから、私の携帯に着信が。

現在当社がスーモに掲載している、下の内容に関する削除要請でした↓

クイズ:↑どこがNGか分かりますか?




スーモ担当さん(以下、ス):ここに書いてる「諸事情」って、具体的にどういうことでしょうか?

私:「仲介手数料が無料」って、ことですけど、何か?

ス:やっぱりそうなんですね…。御社のHPを見て、多分そうだとは思ったんですが…。この一文、削除してもらえませんか?

私:それじゃあ「仲介手数料は無料です」って、ここに載せてもいいですか?

ス:そういう訳にはいかなくて・・・当社やアイラブさんに、他の不動産会社さんからご指摘があっても困るでしょうし・・・

私:当社は、それでも構いませんけど。

ス:・・・(^_^;)



と、こんなやり取りがありました。

当社がわざと意味深な表現をしているわけではないんですけどね。

結局「諸事情により~」の一文は、削除することにしました。


ところで

あなたは知ってました?

「仲介手数料は無料です」とは、スーモに載せることが出来ないことを!


下の画像は、物件情報をスーモに登録する際の入力画面です。例えばここで、、、

↑文中に「仲介手数料」という文字を入れてみます




上のように「仲介手数料」について説明しようとすると、、、


このようなエラーが出ます。

プレゼント情報画像キャプションに表記不可表現(差別を肯定・助長する可能性のある学区・土地表記/著作権に触れる表記/仲介手数料に関する表記等)が含まれているため、登録できません

とのこと。

「法律的にNG」とか言う話ではなく、システム上、仲介手数料について説明できない仕組みになっているわけです。

言ってみれば、スーモの都合です。

ちなみに、仲介手数料について詳しく掲載できないのは、スーモだけではなく、他のポータルサイトでも同じです。

たとえばアットホームでは↓

「仲介手数料 不要」と記載されていますよね。

載せられるのは、これだけ。

まったく記載できないより、マシですが…。


・・・こういった諸々を含めて、苦肉の策として「諸事情」と記載してました。

でも、どうやらこれもダメみたい…。

まぁそのおかげで、ここで詳しく説明することができたから、良しとするか。

そう言えば「詳しく説明した方がいいかな?」とは、前から感じていたんです。

ただ「わざわざ記事にするのもどうかなぁ」と思って、記事にはしてませんでした。

その点では、今回の一件は良い機会でした。

せっかくの機会なので、この件で、もう1つだけ言わせてください。


仲介手数料0円は、私が好きでやってるサービスです。

マイホーム購入という大イベントを通じて、せっかく知り合えた方に喜んでもらいたくて、当社ができる最大限のことをしているだけです。

だから、

「他の不動産会社より絶対ウチの方が良いですから、ぜひ当社でお願いします!」みたいなことを言うつもりはないですし、

ましてや、

他社のお客さんを横取りしようなんて気持ちは一切ありませんので、その辺ご理解下さい。

ホント、揉め事とか、本当に嫌なので。


ちなみに、コレ。今日、お客さまから届いたメッセージ↓




こういう方々に囲まれて暮らすのが私の理想ですので。

ではまた。


P.S.
この話には続きがあります…

スーモ「仲介手数料」表示NGなので、コレやってみた

その結果…

・・・やれやれ(^_^;)

山形にマイホームが欲しい!あなたを応援します。

>>>ご相談やご質問、お問い合わせはこちら
山形県内の方はメールや電話でも大丈夫ですが、県外の不動産に関するご相談は必ず上のフォームからお願いします

使わないカレンダーどうしてますか?

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

この時期になると、色々なところから
カレンダーをいただきます。

それはそれは、
使い切れないくらい…(^_^;)

あなたのところは、どうですか?

もらったカレンダー
どうしてます?

もらってる立場で
こんなことを言うと
お叱りを受けるかもしれませんが・・・

カレンダーって
そんなにいらないんですよねぇ…(小声)

でも、せっかく持ってきてくださってるのに
断るのもアレですし…。

そういえば私自身、

前職でハウスメーカーに勤めていたときは
毎年この時期になると

お客様にカレンダーを配ってました。

なかには「毎年楽しみにしています」
と言ってくださる方もいて
それはそれで嬉しいわけですが、

その一方で、、、

あのテイストの家に、このカレンダー似合うかなぁ…
カレンダーとか絵とか飾らないって、言ってたよなぁ…

などと

お客様の顔や、引渡しをした家が
頭に浮かんできます。

しかし、
それでも届けに行くわけです。

そう、
当時は

モヤモヤした気持ちで
カレンダーを配っていました。。。

アイラブ流 年末のご挨拶

そんなわけで当社では

  • 年末の挨拶まわり
  • カレンダー配り

は、全くやってません。

その代わりに、はじめたのがコレ
けっこう評判良いんです↓

続きを読む