この物件に決めて良いかどうかを数学的に判断する方法

  • LINEで送る

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ
「次こそ良い物件が見つかるかもしれない・・・・
 でも、本当に見つかるだろうか・・・
 この物件に決めた方が良いのか・・・ 」


この物件で決めるべきか、それとも見送るべきか。

重大な決断を迫られた時、あなたはどうしますか?

じつは正しい選択をする確率を高める、数学的な戦略が存在するのです。


秘書問題

次のような場面を思い浮かべてください。

あなたは人事採用の面接官。

これから「秘書」の面接を行います。

面接には10人の応募がありました。面接のルールは次の通りです。

1.1人ずつ面接を行って、応募者を1人面接した直後に、採用か不採用かを選択する

2.不採用にした人を後から採用することはできない

3.不採用なら次の人を面接し、採用する人を決めた時点で採用活動は終了

4.最後の候補者と面接するまでに決められなかった場合は、最後の人を採用する

このケースで、1番良い人を採用するにはどうしたら良いでしょうか?

36.8%面接するまでは、決めない

上の事例は「秘書問題」と呼ばれているものです。

この問題に対して、ある数学者が1つの答えを導き出しています。

導き出されたベストな戦略とは、、、



1、候補全体の36.8%に達するまでは面接を続ける

2、36.8%までの人は採用しない

3、「最初の36.8%の中で一番良かった人」を上回る人が36.8%を過ぎた時点で現れたら、その人を採用する

というものです。

つまり、はじめの3~4人では決めないはじめの3~4人を参考にして後の人から選ぶ方が良い、というわけです。

これを物件選びに当てはめれば、

はじめの3~4件はスルーして、その後で良い物件が出てきたらそれを買う

ということになります。


私自身は、まったく納得できないのですが、

数学的には、そういうことらしいですよ。

参考にしてみてください。

  • LINEで送る

山形市内の新築建売・中古住宅・売土地の情報が必要なあなたへ

今スグって訳じゃないけど、いずれは家が欲しい・・・

物件選びは自分のペースで探したいな・・・

というあなたのための情報サイトです

「物件数ナンバー1」

・・・と、いうわけではありませんが、

けっこう充実していると思いますよ

山形市不動産情報はコチラ

SNSでもご購読できます。