2018年 5月 の投稿一覧

注文住宅が建売に絶対に勝てないこと(注文住宅 最大の欠点)

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

6月8日号のコミュニティ新聞に掲載する、新築建売の広告をいま作ってもらっています。

こちらの物件↓

先日、担当さんに簡単な概略を伝えて、出来上がって来た原稿がこちら↓

これを見た私の率直な感想は「うーん、イマイチだな」 担当さんゴメンナサイ m(_ _)m

そうだよ、担当さんは悪くない。こうなるよね…。当然だよね…。

担当さんには、

「新築建売の広告です」
「来場予約のプレゼントを考えています」

こんな感じのことだけ伝えて、物件の概要書と画像を送って、それで作ってもらったものだから、完成度50%になるのは当然です。

本当はもっといろいろ考えていることはあったけど、何も出来てないところで話すのは大変なので、とりあえず案を作ってもらいました。

だから本当に載せたいことの半分も入っていない。当たり前だけど。

それに、不要なところも多い。

、、、当たり前だ。こちらが伝えていないんだから。

「外観画像の大きさはもう少し小さめでも良いかな」

「社名と電話番号の大きさも伝えてなかったな」

「タイトルの文章も考えて伝えるべきだったな」

「・・・そういえば予約制のイベントってことも、伝えてなかったっけ?書いていないってことは、私が伝えていなかったんだろう、たぶん、、、」

「イベントの開催日は伝えてなかったっけ?話の中で言ったような記憶があるんだけど、、、気のせいかな?たぶん、、、」

「直通番号とか、載せなくていいんだけど、、、。渡した名刺に書いてるからなぁ。良かれと思って、書いてくれたんだろうし、、、」

そんなわけで、修正依頼のメールを送りました↓

ちなみに、これもiPadで書いたものです。こう言う使い方が出来るのが便利なんだよなぁ。と、そんな話はさておき、、、

修正案をメールしたら、先方からすぐに電話がありました。修正した上で改めてメールを送ってくれる、とのこと。

そんなわけで現在、新しい原稿を待っているところです。

・・・

・・・

・・・

あー、めんどくせぇ)心の声

何か聞こえました?

えっ?聞こえちゃいました?・・・しまった(^_^;)

言っておきますけど、決して、軽い気持ちで考えているわけではないんです。

広告料を払って作るわけですから、無駄にはできません。私にとってメチャメチャ大事な広告です。

でも実際、大変なんですよ。ホントに。形の無いものをイチから作るのって。

大事なのは分かっているけど、、、あー、めんどうだなって…。

「何を甘いことを言ってるんだよ」

と思った、あなた。

注文住宅を建てるのも、似たようなことですからね。

今あなたの目の前に存在していない家をイチから作るんですから、簡単なことじゃありません。

第一、注文住宅って「何でも注文できるから期待通りの家に住める」と思いがちですが、、、実際は少し違います。

「何でも注文できる」←これはまったくその通りで、注文住宅なら何でも注文できます。

ただし、、、

続きを読む

注文住宅で失敗したくないならApple Pencilを買うべし!

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

もしあなたが注文住宅で絶対に失敗したくない!と思っているなら、この記事はあなたのためのものです!

なぜなら、この記事を読むことで、注文住宅を建てる時に起こりうるトラブルの大半を未然に防ぐことができるからです。

この記事を読むことで、あなたと住宅メーカーの立場が逆転します。

あなたは圧倒的に優位な立場で、家づくりを進めることが出来るようになります。

もったいぶっても仕方ないので、結論から先に言うと、、、

注文住宅のトラブルを避けたいなら

Apple Pencil(アップルペンシル)とiPad Pro(アイパッドプロ)を買ってください!

なんだよ、お金かかるんじゃねーかよ!

と思った、あなた。ちょっと待って。

確かに、余計な出費ならイタイでしょう。しかし、これは投資です。必ずあなたを守ってくれます。

詳しい使い方を動画で解説しました。まずはこちらを見てください↓

続きを読む

営業マンが住宅ローンの審査を強く勧めてくる2つの理由

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

数日前の会話

彼:他の物件も見に行ったことがあるんですけど、担当の人が… 何と言うか…

私:ゴリゴリ来るタイプ?

彼:そうなんです。住宅ローンもグイグイ勧めてくるんですが、かなりキツめで…

私:返済額が?

彼:ええ、素人の私でも、ちょっと無茶だなと思う返済額でした

私:なるほど

彼:なのに「とりあえずこれで仮審査申込してみましょう!」って…

私:それはお気の毒でしたね。でもそういう事は多いと思いますよ
  というか、こんな風にゆるい案内してるの、当社くらいですから(^_^;)

彼:何であんなに住宅ローンの審査を進めようとして来るんですかね?

私:それはですね、、、

続きを読む

建築条件付きの土地が割安なのは、、、

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

「建築条件付き土地」って、ご存知ですか?住宅会社のチラシとかでよく目にしますよね。

「建築条件付き土地」とは、宅建業者が「自己の所有する土地を販売するに当たり、自己と土地購入者との間において、自己又は自己の指定する建設業を営む者(建設業者)との間に、当該土地に建築する建物について一定期間内に建築請負契約が成立することを条件として売買される土地」のこと(表示規約第4条第6項第1号)

分かりにくい・・・(>_<)

カンタンに言うと、、、↓

分かりやすい(^-^)v

よく見る「建築条件付き土地」のチラシにも

  • この土地は、土地売買契約締結後3ヶ月以内に●●社と住宅の建築請負契約を締結していただくことを条件として販売いたします
  • この期間内に住宅を建築しないことが確定したとき、または住宅の建築請負契約が成約しなかった場合は、土地売買契約は白紙となり、受領した金銭は全額無利息でお返しします

というようなことが、スミッコに書いているはずです。

では、ここで問題

仮にあなたが、建築条件付き土地の売買契約をした、とします。

しかしその後で、●●社の担当者と間取りの打ち合わせを進めたら、、、

  • 売買契約前にモデルルームで説明された標準仕様と、契約後に説明された標準仕様のグレードが違う
  • グレードアップ分の見積もり金額が、契約前に聞いていた概算金額と大幅に違う
  • 道路の幅、方位、地形が契約前に聞いていた内容と違う
  • 打ち合わせ時の図面のミスが多い

そんなこんなで、希望通りの間取りが出来ないことが分かり、安心して●●社に建築を任せられないと思ったあなたは、「建築請負契約はしません。手付金は返してください」と●●社に連絡しました。

すると、、、

「方位に誤りがあったことは認めます。しかし建築自体にはほとんど影響しない程度のことです。建築費用の増額についても、そちらがグレードを上げたからですよね。概算金額にズレがあったことは認めますし、その分は負担することも考えています」

と言って、手付金の返還を拒否してきました。

この場合、手付金を返してもらえると思います?

東京地裁の判決では、こうなりました↓

続きを読む

ゴールデンウィーク!住宅展示場に行く前に読んでください

こんにちは!!
コグチヒデキ

こんにゃく大好き
小口秀喜です(^-^)v

特に『玉こん』が好きです。根っからの山形県民なんですね。

ところで、こんにゃくって、

ダイエット食に良いって話ありますよね。

でもダイエット食だと思って食べるから

ぜんぜん物足りなくて、結局、

他のものを食べてしまうという…

まさかの逆効果!?

・・・と、そんな話はさておき、

5月、ゴールデンウィークですね!

今年のゴールデンウィークは、どうしてますか?

わが家は、七五三の写真撮影。

確か、こんな感じの場所で

他の日の予定は決めてないです。

ゆっくり休みたいなぁ(^_^;)

あなたは、どこか行きます?

もしも住宅展示場に行くなら

これ、読んでから行ったほうがいいですよ↓
過去記事:ちょっと待って!住宅展示場に行く前にコレ読んで

間に合ったよ~

4月某日、霞城公園にて、家族でお花見。

ここ数年は、ライトアップされた夜桜を見に来てました。

今年は桜の開花が早く、散るのも早そうだということで、

急遽、仕事を早めに切り上げて、いつもの公園に (^-^)v



公園に着くと、まさに見ごろでした。

秋には落ち葉だらけだった、この場所も、、、

見事に満開でした(^-^)v

いやあ、間に合ってよかった。

で、ひと通り、桜を楽しんだので、、、



こんにゃく食べて、帰りました。

子どもたちも、私と同じで、

こんにゃくが大好きなのです。

山形県民ですね。(^o^)