失敗しない家の建て方

住宅展示場は死んだ!?

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

タイトルにひかれて、こちらの記事を読みました。閑古鳥の住宅展示場で一体何が起きているか(東洋経済オンライン)

詳細はリンク先の記事を読んでいただくとして、以下、記事からの抜粋です。

住宅業界を長らく取材してきた筆者が「これは奇妙だな」と感じ続けてきたものがある。住宅展示場(総合住宅展示場)のビジネスモデルだ。<中略>

住宅事業者はモデルハウスの出展に多額のコストをかけている。<中略>

にもかかわらず、実情としてはゴールデンウィークや新春など、年間数回ある来場が活発な時期を除いて、見学者が少ない状況が続いている。

理由は大きく2つあると考えられる。

1つ目は新築住宅需要の縮小だ。<中略>もう1つの理由として、情報取得のあり方が大きく変わったことがあげられる。

現在はホームページをはじめとするインターネット経由による情報入手を第一に重視する消費者が増えている。お気に入りの住宅事業者や建物のデザインなど、ある程度の情報を仕入れ、絞り込んでいるわけだ。<中略>

このため、住宅展示場を訪れる際も限られたモデルハウスしか見学しなくなっている。結果的に来場頻度が減り、展示場全体としても盛り上がらないというわけだ。

数年前、私がハウスメーカーの営業マンを辞めて独立しようと考え出したのも、ちょうどこの記事と同じようなことを現場で感じていたからです。

「やり方が、今の時代に合っていないんじゃない?」って。

無料のイベントをやって人を集めて、そのついでに展示場を見てもらい、そこからマイホーム取得へつなげる…。

昔のような情報不足の時代だったらこれが上手く機能していたんでしょうけど、今はちょっと気になることがあれば、すぐにスマホで調べられる時代。

せっかくの休日にわざわざ展示場まで行かなくたって、他にも娯楽はたくさんある。そもそも、休みの日に使える時間が少ないんです。

タダでモノがもらえるって言っても、後で営業マンから「鬼コール」がかかってくることが分かっているから、行かない。

人口が増えて、景気が良くて、「イケイケ・ドンドン」でやってた時代のシステムが、今、通用しないのは当たり前です。

だから私個人としては、独立して、今のようなやり方で仕事をしています。(他にも理由はありますが今回の記事と関係ないので、興味がある方はこちらをご覧ください)

じゃあ、総合住宅展示場は「時代に合わない・使えないシステム」なのか?というと、私はそうは思いません。

逆です。

本当は今の時代こそ、住宅展示場のメリットを活かし、ユーザーにも満足してもらうことができると思います。

もちろん、今のままじゃ、ダメ。やり方次第です。

たとえば、こんなやり方で↓

続きを読む

不動産仲介業者がいなくなって困るのは、あなたかもしれない

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

この仕事をしていると「フランチャイズ説明会」や「無料セミナーのご案内」といったFAXチラシがひんぱんに届きます。

いつもならサラリと目を通すだけですが、このチラシからは、しばらく目を離せませんでした。

目を引いたところは、コレ↓

「今後10~20年以内にコンピュータやロボットに仕事を奪われそうな職種」の中にある

不動産仲介業者 97%

という数字が目に飛び込んできたからです。

10~20年先には不動産仲介業者がいなくなるってことか!

これが本当なら大変なことです。

いや、、、「私にとって」ということではなく、、、

これから家を買おうとしている

あなたにとって、とても大変なことなんです・・・

続きを読む

リビングで勉強すると成績がUPする、という勘違い

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

あなたは「リビングで勉強すると成績が良くなる」という話を聞いたことはありますか?

テレビ番組や雑誌、書籍などでも多く取り上げられているので、どこかでチラッと耳にしたことがあるかもしれません。

「リビング学習」の効用について初めて書かれたのが、私の記憶では多分この本です↓

名門と言われる有名中学校に合格した子ども(200名)の家庭を調査して書かれたのが、本書。

この本に書かれていた結果に、当時の私は衝撃を受けました

  • 有名中学に合格した子のほとんどが、子ども部屋ではなくリビングで勉強していた
  • 頭の良い子は子ども部屋では勉強しない

この結果を見て、私は「マジかよ・・・」と感じました。
なぜなら私自身、子どもの頃、リビングで勉強した記憶なんて全くなかったからです。

勉強は自分の机でやるものだ、と親にも言われましたし、自分でもそう思ってましたから。

「マジかよ…

リビング学習、もっと早く知っていれば、もっと頭よくなってたかも」

私がこの本を読んでから10年が経ちました。

今、私が思うのは、

「リビングで勉強すると成績が良くなる」というのは完全な思い違いであり、「頭の良い子に育てるためにリビングで勉強させよう」と親がするのは完全に間違っている、ということです。

続きを読む

高気密高断熱だから快適ではない

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

「3高」って言葉、昔ありましたよね。

高学歴・高身長・高収入。

「結婚したい理想の男性」を表す言葉でした。

あたまに「高」って言葉が付くと、何か良いイメージがしますよね。

住宅だって、メーカー各社は「高性能」をアピールします。

性能が高いってことは良いことですが、

イメージだけで判断してしまうと大変なことになります。

例えば「高気密・高断熱」

ハウスメーカーの営業マンが

高気密高断熱にすると、冬暖かくて夏は涼しいから快適ですよ

って言うのは、、、

完全に間違いです。

続きを読む

なぜ西バイパスの西側には家が少ないのか?

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

良くある会話

彼:なかなか良い土地って、見つからないもんですね

私:そうですね。タイミングもありますからねぇ

彼:空いてる土地って、いっぱいありそうな感じがしますけど…

私:そうですね

彼:ほら、西バイよりあっち側なんて、いっぱい空いてるじゃないですか

私:そうですねぇ、、、でもあっち側は、家は建てられないですからねぇ

彼:え?家、建てられないって?

私:ええ、建てられないんです。家、建てちゃダメな場所なんです

彼:ええっ!どういうことですか?

続きを読む

朗報!住宅ローン2000万円以内で中古住宅の購入を検討しているあなたへ

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

「利子補給(りしほきゅう)」って、聞いたことありますか?

簡単に言うと、あなたの住宅ローンの一部を山形県が代わりに払ってくれる制度です。

山形県では、良質な中古住宅の取得促進を応援し、中古住宅の流通促進を図っています。
平成28年度までは住宅の新築にのみ利子補給制度が利用できましたが、平成29年度からは中古住宅の購入等にも利用できるようになりました。(山形県HPより)

中古住宅の購入を検討しているなら、見逃せない情報ですよね。

今年度から始まった、中古住宅の利子補給について、注意するべきポイントをまとめてみました。

続きを読む

ちょっと待って!住宅展示場に行く前にコレ読んで

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

もうすぐゴールデンウィークですね。

予定はもう決めてますか? これからですか?

あなたがマイホームの購入を考えているなら、「住宅展示場に行ってみようか!」という気にもなるかもしれません。

ちょっと待って!

フラっと住宅展示場に行く前に、あなたにぜひ知っていて欲しい話があります。

家を建てる予定なんて全くなかったのに、フラっと住宅展示場に行ったことがきっかけで注文住宅を建てることになった、ある夫婦の実話です。

予備知識なしで展示場に行くとこの夫婦と同じ体験をあなたもすることになるでしょう、、、

続きを読む

決算月に住宅の契約すると得する!これは本当なのか?

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

もしかしたらあなたは今、こんな状況で悩んでいませんか?

住宅会社の営業マンと商談中のあなた。

「今週末には見積もり出してくれるって言ってたなあ」

間取りもだいたい決まりました。後はこの家がいくらになるのか・・・。

あなたは、先週の打ち合わせで営業マンが言っていた

今月は当社の決算月なので限界までサービスできます!

という言葉が気になって仕方がありません。

手元にあった自動車販売のチラシを、ふと見ると、

『大決算キャンペーン』の大きな文字が目に飛び込んできました。

「こっちも決算か。決算月の契約ってホントに得なのかなぁ?

続きを読む