朗報!住宅ローン2000万円以内で中古住宅の購入を検討しているあなたへ

  • LINEで送る

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

「利子補給(りしほきゅう)」って、聞いたことありますか?

簡単に言うと、あなたの住宅ローンの一部を山形県が代わりに払ってくれる制度です。

山形県では、良質な中古住宅の取得促進を応援し、中古住宅の流通促進を図っています。
平成28年度までは住宅の新築にのみ利子補給制度が利用できましたが、平成29年度からは中古住宅の購入等にも利用できるようになりました。(山形県HPより)

中古住宅の購入を検討しているなら、見逃せない情報ですよね。

今年度から始まった、中古住宅の利子補給について、注意するべきポイントをまとめてみました。

固定期間10年以上、融資額2,000万円以内が対象

利子補給を受けるには、いろんな条件があります。

条件のなかで一番重要なのが「対象となる住宅ローン」に関する点。

・融資額が2,000万円以内

・返済期間が10~35年以内

・固定金利期間が10年以上、またはフラット35


以上に当てはまる住宅ローンなら、利子補給が使えます。

なので、変動金利や、2年の固定金利などは、利子補給を受けたくてもダメなわけです。

最近は返済期間35年を超えるローンもありますが、これも利子補給の対象外となります。

対象となる住宅

購入する住宅にも条件があります。


・竣工後2年以上経過していること

・耐震性が確保されていること

・購入にあわせて一定のリフォーム工事を行うこと

・(売主が不動産会社などの場合)本店が山形県内にあること



以上を満たしている必要があります。

募集期間 その他

募集期間は、平成29年4月4日(火)~平成30年2月28日(水)まで。

募集戸数は30戸。原則、先着順です。

試算してみた

こちらのろうきんの金利を参考に、借入額2000万円(返済期間35年、全期間固定金利1.7%)で試算してみました。

利子補給を使った場合は、約98万円もローン負担が少なくなります。

上手に活用したいですね。


なおこのブログでは、分かりやすくするため、細かいところは省略して説明しています。

詳細は、山形県ホームページをチェックしてみてください。

ではまた。

住宅取得や売却に関するご相談はこちらから→お問い合わせフォーム
山形県内の方はメールや電話でも大丈夫ですが、県外の不動産に関するご相談は必ず上のフォームからお願いします

  • LINEで送る

山形市内の新築建売・中古住宅・売土地の情報が必要なあなたへ

今スグって訳じゃないけど、いずれは家が欲しい・・・

物件選びは自分のペースで探したいな・・・

というあなたのための情報サイトです

「物件数ナンバー1」

・・・と、いうわけではありませんが、

けっこう充実していると思いますよ

山形市不動産情報はコチラ

SNSでもご購読できます。