住宅ローン返済額がいきなり2倍にならない理由

  • LINEで送る

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

前回は「変動金利でよくある誤解」についてお話しました。

住宅ローンを変動金利で借りたとしても

「毎月、毎月、どんどん返済額が上がっていったらどうしよう」

・・・なんてことにはならない、という話でしたね。

(前回記事→金利が上がっても次月の支払額は変わらない



さらに変動金利には、金利上昇時の返済負担を軽減するための、もう1つのルールが存在します。

125%ルール

見直された返済額は、その時点で金利がどんなに上昇していても、それまで払っていた返済額の125%以内に収まります。

これが「125%ルール」です。

(1回の見直しで上げられる額は、見直し前の月々返済額の1.25倍まで、ということ)


たとえば変動金利で35年、2000万円のローンを組むとします。

当初金利が0.7%とした場合、毎月の返済額は53,704円です。(ボーナス返済なし)

仮に、この後、どんどん金利が上昇したらどうなるでしょう?

まず、前回お話した「5年ルール」が適用されますので、月々返済額は53,704円で5年間変わりません。

そして6年後。

「125%ルール」が適用されますので、月々返済額は最大でも67,130円となります。13,426円のアップにとどまります。

(ちなみに、返済額が53,704円→67,130円に上昇した場合、その時点の金利は2.305%です)


参考になりましたか?

返済方法の特徴を正しく理解し、自分にあった住宅ローンを選んでくださいね。

(こちらの記事も参考にしてください→住宅ローンのトータル返済額を少なくする方法

ではまた。



追伸

ご相談はこちらからお問い合わせフォーム
山形県内の方はメールや電話でも大丈夫ですが、県外の不動産に関するご相談は必ず上のフォームからお願いします

  • LINEで送る

山形市内の新築建売・中古住宅・売土地の情報が必要なあなたへ

今スグって訳じゃないけど、いずれは家が欲しい・・・

物件選びは自分のペースで探したいな・・・

というあなたのための情報サイトです

「物件数ナンバー1」

・・・と、いうわけではありませんが、

けっこう充実していると思いますよ

山形市不動産情報はコチラ

SNSでもご購読できます。