不動産屋になったら●●できるかな?

  • LINEで送る

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

今月の初め、娘の入学式でした。

初めての登校に、娘はドキドキです。

その様子を見てたら、なんだか私も、ちょっと緊張してきました。


家族そろって、学校まで歩いていきます。

テク テク テク。


校門の前まで来たとき、

「小口さん。お久しぶりです!」

声をかけられました。


誰かな?と思って、よく見ると、、、

去年、マイホームの購入をお手伝いした、○○さんでした!

「小口さんのお子さんも、今年から小学生なんですか?」

「そうなんですよ。ご無沙汰してます。お変わりありませんか?」

「はい。快適に暮らしています。」

久しぶりにお会いして、話が出来て、うれしかったですね。

『快適に暮らしている』と言ってもらえたことも、うれしかった。


で、玄関に貼ってるクラス分けの表を見ると、一緒のクラスでした。

「奇遇ですね、ハハハ」

そんな会話をして、娘の教室に向かいました。


教室には、わが子と同じく緊張した様子の子どもたち。

その様子を見守る、パパママたち。


・・・ん?

あれ?

もしかしたら、あの人、、、たぶん、そうだよなぁ。


良く知っている人に似ています。

でも、雰囲気が、私の記憶と何となく違うようで、ハッキリしません。

(人として、致命的な欠陥です・・・)

そうこうしているうち、

無事、式が終わり、

クラス全体での写真撮影が終わった頃、

やっぱり間違いない、思い切って声をかけました。

「ご無沙汰してます」


すると、笑顔で返してくれました

「お久ぶりです」

やっぱり、そうです!

3年前、マイホームの購入をお手伝いした、○○さんでした!

「どうですか、忙しいですか?」

「ええ、おかげさまで」

「だれか家を探してる人がいたら、紹介しますからね」

「ありがとうございます」


この日は、オドロキ嬉しさで、いっぱいの一日でした。

不動産屋になったら●●できるかな?

入学式の前、娘が歌ってました。

 いっちねんせーになったーら
 いっちねんせーになったーら
 ともだち100人できるかな

私がIloveを始めた理由は

ともだち100人できるかな←まさにコレです。

 参考:10年間住宅営業マンだった私がなぜ不動産屋を始めたのか?

少しずつ、少しずつ、夢に近づいていることを実感してます。

ではまた。


山形にマイホームが欲しい!あなたを応援します。

>>>ご相談やご質問はこちら
>>>ちょっとした相談はこちら 匿名OK!
山形県内の方はメールや電話でも大丈夫ですが、県外の不動産に関するご相談は必ず上のフォームからお願いします

  • LINEで送る

諸費用を節約して賢くマイホームを買う方法

本サービスは、

これまで山形市内の物件に限定しておりましたが

ご好評につきエリアを拡大しました!

お得に買いたい!

SNSでもご購読できます。