致命的なリスクを避ける!住宅ローン選びで見落としがちなポイント

  • LINEで送る

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

最適な住宅ローンを選ぶために、あなたは何を気にしますか?

金利でしょうか?

それとも、いくら借りれるかでしょうか?

今回わたしがお話するのは、もっと別のことです。

コレ、ほとんど気にする人はいません。が、、、

場合によっては「気に入った物件が買えない」という致命的な結果になりかねない大事なポイントなんです・・・

実行される時期はいつ?

住宅ローンを借りるためには、手続を開始してから、実際に融資金が使えるようになる(実行される)までには、ある程度の時間がかかります。

実行までの期間は金融機関それぞれで違います。

ある金融機関は2週間で実行できるところを、別の金融機関では4週間かかるということもあります。

それでも、注文住宅のように実行の時期を急がない場合は、あまり問題になることはありません。

問題なのは、実行時期を急ぐ、以下のようなケースです

購入希望者

この物件 気に入りました! 契約します!

担当者

あ~りがとう ございまぁ~す♪ では 今月中の決済でお願いしますね~♪

購入希望者

今月中だと住宅ローンが間に合わない可能性が…

担当者

でしたら この申込は保留とさせていただきます

購入希望者

マジか・・・



このように売主が決済(引渡し)の時期を急ぐ場合は、住宅ローンの実行時期が遅いと申込を留保されることがあります。

やっと気に入った物件を見つけたと思ったのに、これじゃ悔しいですよね。

こんなことにならないように、金利や借入額などの他に「実行時期はいつか」ということにも意識を向けてくださいね。

それではまた。


追伸

いい物件を見つけてからあわてなくてもすむように、住宅ローンの審査だけは事前にすませておくこともオススメです。

たとえばこちらのサービスでは、物件が決まってなくても、銀行に行かずに運転免許証だけで審査してくれますよ↓


※詳しくはこちら→ ARUHI家探し前クイック事前審査



山形にマイホームが欲しい!あなたを応援します。

>>>ご相談やご質問はこちら
>>>ちょっとした相談はこちら 匿名OK!
山形県内の方はメールや電話でも大丈夫ですが、県外の不動産に関するご相談は必ず上のフォームからお願いします

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。