路線価って何?というあなたへ「土地取引のための正しい路線価図の使い方」

  • LINEで送る

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

今月3日に平成29年分の相続税路線価が公表されました。

国税庁は3日、相続税や贈与税の算定基準となる平成29年分の路線価を公表した。(産経ニュース)

全国的な平均値としては、2年連続で上昇しているみたいです。


ところでこの「路線価」って、ご存知ですか?

路線価には「固定資産税路線価」と「相続税路線価」の2つありますが、路線価というと普通は「相続税路線価」のことを指します。

路線価は「相続税評価額を算定するための土地の価格」を示すもので、道路1本1本ごと細かく設定されています。

例えば、これは宮町付近の今年の路線価図です↓
http://www.rosenka.nta.go.jp/main_h29/sendai/yamagata/prices/pdf/50025.pdf

道路に数字とアルファベットが書いてあるのが、分かりますか?

この数字の部分が路線価です。数字が大きいほど路線価が高い土地です。

とうぜん路線価が高い土地ほど、相続税も高くなります。

ところが、、、

路線価が高い土地だからといって、高く売られているわけではありません。

路線価が低い土地のほうが値段が高い、ということもあります。

それには、こういった理由があります↓

土地の売買価格を決めるのは個別の事情

土地の売買取引を行うのは、「人」対「人」です。

買いたい人には買いたい人の事情があり、売りたい人には売りたいだけの理由があります。

「子どもを○○小学校に通わせたい」という人にとっては、学区内かどうか、学校に近いかどうかが大事です。少し高い程度なら、買ってもいいと考えるかもしれません。

「急にお金が必要になった」人にしてみれば、多少やすくなったとしても、持っている不動産を早く売りたいと考えます。

このように、買主、売主それぞれの事情で取引は成立します。

路線価に関係なく。

路線価は目安でしかない

国税庁ホームページに、路線価図の見方が詳しく書かれています。
http://www.rosenka.nta.go.jp/docs/ref_prcf.htm

あなたも試しに、これを見ながら、どこかの土地を実際に評価してみてください。

すると導きだした金額を見て、あなたはかなり低く感じるはずです。

なぜかというと、路線価は実際の取引価格より低く設定されているからです。

路線価は「実際の取引価格の8掛け」などと言われていますが、これも目安でしかありません。もっと低い場合もあります。

そもそも路線価自体は税金徴収が目的なので、実際の取引価格より低い分には問題にならないわけです。


また路線価が同じ道路に接する土地でも、

こんな土地と

こんな土地では、面積が同じでも価格はぜんぜん違います。当然ですよね。

路線価は、あくまでも目安でしかありません。

土地取引のための正しい路線価図の使い方

「それじゃあ、路線価図って、あまり意味ないの?」

いいえ、そんなことはありません。

あなたが山形市内で不動産の購入を考えているなら、路線価図を見ておいたほうがいいです。

ただし、なるべく広いエリアを見ることがポイントです。

いま自分が欲しいと思っているエリアだけでなく、それよりもっと広く見てみる。

北部で探してるなら、南部も見てみる、とか。

すると、イメージが広がります。

いろいろ感じるものがあるはずです。

ちょっと、うまく言えないけど (^_^;)


それにしても、見にくいですよね、この路線価図って。

何とかならないものかな。

それでは、また。

住宅取得に関するご相談ご質問はこちらから→お問い合わせフォーム
山形県内の方はメールや電話でも大丈夫ですが、県外の不動産に関するご相談は必ず上のフォームからお願いします

  • LINEで送る

山形市内の新築建売・中古住宅・売土地の情報が必要なあなたへ

今スグって訳じゃないけど、いずれは家が欲しい・・・

物件選びは自分のペースで探したいな・・・

というあなたのための情報サイトです

「物件数ナンバー1」

・・・と、いうわけではありませんが、

けっこう充実していると思いますよ

山形市不動産情報はコチラ

SNSでもご購読できます。