土地代金以外の諸費用について

  • LINEで送る

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

山形市内で新築用の宅地を購入するなら、土地代金は少なくとも800万円以上は必要です、という記事を書きました。

不動産の購入価格について現実的な話

土地代金だけではなく、諸費用がかかることも頭に入れておく必要があります。

土地を買う場合は、土地代金のほかに仲介手数料登記費用が必要です。

仲介手数料

仲介手数料とは、不動産業者からの紹介(仲介)で不動産を購入した場合に業者に支払う報酬のことです。報酬額は宅建業法で上限が決められています。

<計算式>

仲介手数料の上限額=売買物件の価格×3%+6万円+消費税



例:800万円の土地を購入

仲介手数料の上限額=(800万円×0.03+6万円)×1.08=32.4万円



この場合の32.4万円という金額は、あくまでも上限額です。

つまり、これ以上の金額を不動産業者が請求することは法に違反しますが、これより少ない額を請求することは何ら問題ありません。しかし実際には、業者からは上限額を請求されることが多いでしょう。

登記費用(所有権移転登記)

売主に売買代金を支払うと同時に、不動産の所有権を売主から自分に移す登記手続きを行う必要があります。これを所有権移転登記と言います。

登記手続きを自分で行うことも場合によっては可能です。自分でやればお金を節約することができますが、司法書士に登記手続きを依頼する場合がほとんどです。

土地価格800万円の例であれば、所有権移転登記を司法書士に依頼した場合にかかる費用は、10~20万円程度です。この金額には司法書士の報酬と税金(登録免許税、印紙税)が含まれます。

自分で登記を行う場合は司法書士への報酬が不要になります。


以上のように、800万円の土地を購入する場合の諸費用は、仲介手数料と登記費用あわせて50~60万円程度かかる計算になります。もちろん、物件の価格が高額になればなるほど、諸費用も高額になります。

また今回の記事では、現金で土地を買った場合の諸費用について書きましたが、住宅建築やローンを利用する場合の諸費用については割愛しています。自己資金で土地だけ先に買っておこうかな、という方には参考になると思います。

実際にはローンを組んで土地を購入したり、土地を買ってすぐに住宅を建築したりすることが多いと思いますが、この記事ではそこまで書ききれませんでしたので、いずれ別の機会に書きたいと思います。

それではまた。



追伸

ご相談はこちらから。何でもお気軽にお問い合わせください。

  • LINEで送る

山形市内の新築建売・中古住宅・売土地の情報が必要なあなたへ

今スグって訳じゃないけど、いずれは家が欲しい・・・

物件選びは自分のペースで探したいな・・・

というあなたのための情報サイトです

「物件数ナンバー1」

・・・と、いうわけではありませんが、

けっこう充実していると思いますよ

山形市不動産情報はコチラ

SNSでもご購読できます。