投資用マンションの営業電話がかかってきた時の対処法

  • LINEで送る

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

先日のブログ記事を書いていたら、昔のことを思い出しました。
(前回の記事:不動産の営業マンが帰ってくれない・・・


私の携帯に、投資用マンションの営業電話がかかってきたことがあります。

もう何年も前になりますが、かなりしつこかったことは覚えています。

はじめて電話が来たときは、そうでもなかったのですが、「今は検討していないので結構です」と伝えてからがヒドかった。

連日、、、どころか、1日に何回も携帯が鳴りました。

営業電話というよりも、完全に迷惑電話でしたね。

本当のところは分かりませんけどね。

でも、迷惑をかけようと、わざと電話してきているように感じました。

だって、、、電話を切っても、切っても、すぐにまたかけてくるんですから…。



前回の記事で書いたように、消費者に迷惑をかけてはいけないんです。ホントは。

でも、変な担当者だった場合には、それが通じないこともあります。



それで、当時私がやったのは、、、

1、着信履歴から迷惑会社の番号を特定する

2、その番号をインターネットで検索する

3、該当の会社が分かるので代表番号を調べる

4、代表番号に電話し、氏名・電話番号を伝え、次のように言う

「そちらの担当者からひっきりなしに電話があり、生活に支障をきたしている。二度と電話してこないように」


これで、着信がピタッと止まりました。

会社としては、さすがに無視できないわけです。

参考にしてみてください。



追伸

ご相談はこちらから。何でも気軽に聞いてください。

山形市内の新築建売・中古住宅・売土地の情報が必要なあなたへ

今スグって訳じゃないけど、いずれは家が欲しい・・・

物件選びは自分のペースで探したいな・・・

というあなたのための情報サイトです

「物件数ナンバー1」

・・・と、いうわけではありませんが、

けっこう充実していると思いますよ

山形市不動産情報はコチラ

SNSでもご購読できます。