失敗のない不動産取引のために必読の書(注:Amazonや楽天には売っていません)

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

今回は、1冊の本を紹介します。

不動産売買で知っておきたい重要ポイントについて、私がこれまで読んだ本の中で「一番わかりやすく書いてあるじゃん!」と思ったのが、この本です。

写真 2016-08-25 18 43 10

この本に書いている内容を一通りながめておくだけで、あなたがトラブルに巻き込まれることは、まず無くなります。

残念ながら、アマゾンや楽天では買うことができません。しかし、アマゾンや楽天で買える他のどの本よりも、一般の方が不動産を買ったり売ったりする前に読んでおくべき本です。

なぜならこの本は、他の書籍には無い、ある非常に重要な特徴を持つ本だからです。

続きを読む

セットバックとは?セットバックが必要な土地の価格が安い理由

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

物件情報を見ていて「セットバック」という言葉を目にしたことはありませんか?

で、「セットバック」が必要な物件のほとんどが、周辺の相場に比べて安かったりします。

「セットバック」が必要な物件価格が相場より安いのはなぜでしょう?

この「セットバック」って、何でしょう?

続きを読む

親と孫 近くで暮らすという”ぜいたく”

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

『近居』に関する、アンケート結果が発表されました。

UR都市機構(独立行政法人都市再生機構)は11日、「祖父母に聞く 育孫に関する調査」の結果をとりまとめた。

※ちなみにこのアンケートでは「自動車や電車等で1時間以内の距離に住んでいること」を近居としています。

(前にこのブログで近居を取り上げた時には、「交通機関を問わず、気軽に行き来できる30分以内の近さに住むことを近居とする(ESSE)」ってことでしたので、近居の定義もいろいろですね。)

続きを読む

山形市の不動産に関する電話相談はいつでもOK!・・・なのですが…

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

当社では山形市内の不動産の購入や売却についての疑問や質問、ご相談を24時間体制で受け付けしています。

ご相談は無料です。

↓フリーダイヤル↓
0120−51−4131

私が電話に出れない時は、改めてこちらから折り返しています。

昨日も、家の売却を検討したいという方から電話がありました。

ひと通り話が終わって電話を切ったあとで、通話時間を見てみたら、
なんと49分でした。(プライベートではありない長電話!)

電話で話すより直接お会いしたほうが、本当は良いのですけどね。

昨日の電話は、実家を売却したいという、県外にお住まいの方からのご相談でした。
こちらにお越しいただくのは難しいとのことで、電話でいろいろとお話させていただいた次第です。

というわけなので、こんな風に電話でご相談にお答えするのは、長時間でも全然かまわないです。

 

・・・ですが一方で、困ってしまう電話もあります。

というのもその前日。
不動産の売却を検討しているという、別の方から電話がありました。

その電話が、まさに困ってしまうケースだったのです・・・

 

続きを読む

不動産は1点もの

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

先日、こんなことがありました。

土地を見たい、と
当社に1本の電話がありました。

電話をもらった当日、
その土地をご案内しました。

仕事の休憩時間を利用して、
忙しいなか見学に来られたとの事でした。

見学されて、ご本人は
物件を気に入った様子。

家族で検討して、後日、
改めて連絡をいただくことになりました。

そして後日、
前向きに検討したい、
というメールをもらいました。

良かったよかった

なんて思っていたら、

その土地が、、、

他の人に先に買われてしまいました。。。

続きを読む

投資用マンションの営業電話がかかってきた時の対処法

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

先日のブログ記事を書いていたら、昔のことを思い出しました。
(前回の記事:不動産の営業マンが帰ってくれない・・・

私の携帯に、投資用マンションの営業電話がかかってきたことがあります。

もう何年も前になりますが、かなりしつこかったことは覚えています。

はじめて電話が来たときは、そうでもなかったのですが、「今は検討していないので結構です」と伝えてからがヒドかった。

連日、、、どころか、1日に何回も携帯が鳴りました。

営業電話というよりも、完全に迷惑電話でしたね。

続きを読む

不動産の営業マンが帰ってくれない・・・

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

山形市内で不動産を探している方には、こちらで会員登録をオススメしています。
→山形市不動産情報 http://yamagatatochi.net/

登録すると、未公開物件を含めた、多くの物件情報が見れる仕組みです。

この会員登録、ほとんどの方が住所も電話番号も入力してくれます。

でも、そうでない方もいらっしゃいます。

その理由としては、

住所を知られて家まで来られたら困る、という心配もあるのかなと思います。

念のため、お伝えしますが、当社では契約前にご自宅に伺うことはありません。

物件のご案内も、現地集合・現地解散が基本です。

そういった部分の経費を減らしてるので、ニュースレターを送ったり、仲介手数料を無料にしたり出来てます。

誰だって、営業マンに突然、家に来られたらイヤですもんね。

そういう営業マンに限って、なかなか帰ろうとしなかったりして…。

もしそんな時は、この話を思い出してください。

続きを読む

不動産業者にダマされて土地を買った話

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

不動産業者にダマされた!という方から相談を受けました。

不動産が絡むと金額は大きくなりますから、被害も大きくなります。

なぜ、ダマされたのか?

そして、

どうすれば、ダマされずに済んだのか?

私からのアドバイスです。

続きを読む

子ども部屋の問題

I love Yamagata.コグチ(@ilv_co)です。
 コグチヒデキ

子どもを持つ親にとって、マイホームを取得する理由の第一位が「子どものため」です。

特に、子ども部屋。

子どもが小さいうちは、まだいいのです。

子どもが小学校に行きはじめると、子ども部屋がないと困ることが急に増えます。

子どもが何人もいれば、なおさらです。

男の子と女の子の兄妹だっりすると、さらに…です。

どうしたもんじゃろの〜、

とあなたが考えているところに、

「○○ちゃんチみたいな家に住みたーい」
「私も部屋が欲しーい」

なんて子どもからお願いされたら、

「そろそろ新しい家で暮らそうか」

と、なるのが親心。

で、問題はここから。

子ども部屋はどれくらいの広さが適切か?

ということ。

あなたは、どう思います?

続きを読む